ページトップへ戻る

日記 Diary

シニアピアノ講座開講

夏から準備を重ねてきた〝シニアピアノ講座〟ですが、ようやく開講をいたしました。

ありがたいことに10名お集まり頂き、和やかな雰囲気でスタートすることができました。

参加者の皆さんの自己紹介から、ピアノが小さい頃からの憧れがあった事、お孫さんに弾いてあげたい、講座を通して仲間を作りたい、などそれぞれのピアノへの想いを伺うことができました。

第1回の講座は〝指を動かす〟をテーマに、椅子の座り方、姿勢、手の形、指の番号を学習しました。

今回の講座の最終目標は両手で一曲マスター。ベートーヴェンの〝よろこびのうた〟です。全4回で〝素敵な演奏〟を目指し、指導させて頂きたいと思います。

講座内ではグランドピアノ1台にロールアップピアノを10台用意しました。初めてロール型のピアノを購入しましたが、鍵盤に凹凸があり予想以上にリアルな作りにびっくりしました。気軽に楽しめるはじめの1台としてオススメです。

子供と大人へのピアノ指導をして感じる事は、〝学習への姿勢〟の違いです。経験豊富な大人の学習者は、子供より目標や意識がより明確で主体性があります。

それに対し子供たちへの指導は、いかに指導者が個々の〝可能性を広げるか〟ということが大切なのかもしれません。〝たのしむ〟ということを学ぶことで、自然と自主性が育まれる。指導する側もそれぞれの年代にあった方法を常に考えていきたいです。

▼おすすめ ロールアップピアノ
smaly ロールアップピアノ 61鍵盤

ピアノのキホン その3
10/22生まれの作曲家
home > 日記 > シニアピアノ講座開講